pmark

    

情報セキュリティポリシー

情報化社会の進展に伴い、情報への不正アクセスや情報漏洩等に対する安全性および信頼性の確保が必要不可欠であり、そのための体制整備は、企業経営上極めて重要な課題であります。そこで当社は、情報資産を保護・管理するため「情報セキュリティポリシー」を策定し、全社で運用致します。
当社の社員一人ひとりは、日々の業務遂行に際して、常に情報セキュリティへの高い関心と意識を持って行動し、当社の掲げる『情報セキュリティポリシー』と、それを支える諸規程の遵守・徹底を図ることとします。

1.情報セキュリティへの取組み

当社は、情報セキュリティポリシーへの取組みを事業上の最重要課題のひとつと認識し、全社をあげてこれに取組むものとします。

2.情報セキュリティ管理体制の構築

当社は、保有する全ての情報資産の保護に努め、法令その他の規範を遵守することにより顧客満足と社会的信頼を得られるよう、セキュアな情報セキュリティ管理体制を構築します。

3.情報セキュリティに関する内部規程の整備

情報セキュリティポリシーに基づいた内部規程を整備し、情報資産全般の取扱いについて明確な基準・方法を示すと共に、継続的に見直し、改善を実施します。

4.外部委託先の管理体制の強化

情報の取扱いを外部委託する場合は、対象業務の安全性や信頼性を充分に確保できる委託先を審査・選定し、定期的な報告・確認等によって情報漏洩を防止します。

5.監査体制の整備・充実

情報セキュリティポリシー及び規程、ルール等が遵守されているか、内部監査を実施します。また、監査により発見された、脅威や脆弱性にたいする対策を検討し、対応策を講じます。

平成18年12月15日

日総工産株式会社
代表取締役社長 清水 竜一